ダンボールでランドセル置き場を作ろう

ランドセルは小学生になると背負って学校に投稿しますが、ランドセルって普段どのように置かれていますか。
ランドセルが置けるタイプの棚などが付属として付いた学習机もありますが、ランドセルはイスの背もたれの部分に下げているというお子さんが多いのではないでしょうか。
でも意外とランドセルは重たいし、背もたれに掛けていると邪魔になることもありますよね。

なので、ダンボールで気軽に作れるランドセル棚を作りませんか。
ダンボールだとすぐに潰れてしまうのではないかと心配する方もいるかもしれませんがそんなことはありません。
ダンボールもしっかりと強化することで丈夫で木材のものと変わりなく使うことができます。

ダンボールを一枚ではなく何枚か重ねることで強度がぐんと上がりますよ。
ランドセルが置けるようなサイズで設計し、ダンボールを貼り合わせていくと完成します。
クラフトカラーがイヤだとしたらカッティングシートやシールなどでデコレーションすると世界でたったひとつのダンボールランロセルラックになりますよ。

ランドセルの置き場所って意外と困るものですがダンボールで作ればランドセルの置き場所にも困らずちょっと工夫するだけで棚としての役割を付けることもできますよ。