子供のおもちゃをハンドメイド

小さなお子様がいるご家庭ではおもちゃがたくさんあると思いますが、既製品だけではなく、自分で作った世界でひとつだけのおもちゃを最愛の子供に作ってあげませんか。

子供の頃、お母さんが作ってくれたおりがみや描いてくれた絵、作ってくれた手芸品など大切にしませんでしたか。お母さんが作ってくれたものは子供にとてとても大切なものとなります。

簡単なものを使って子供におもちゃを作ってあげることでひとつの愛情表現となり、子供もきっと喜んでくれることでしょう。

昔ながらの遊びであるパズルを簡単にダンボールで作ってみましょう。

ダンボールに好きな絵を描きます。
小さなお子様だと簡単でシンプルな動物など良いですね。
絵を描いたら簡単にダンボールをカットします。お子様の年齢に合わせて複雑さを考えると良いですね。
すると簡単にパズルとして遊ぶことができます。
絵はクレヨンなどで色をつけると良いですね。

昔ながらの遊びとしてもうひとつ。福笑いを作りましょう。
シンプルで福笑いにしやすいキャラクターなどを選んでダンボールに輪郭を描き、顔のパーツは別で描いて色を付けてダンボールをカットします。

輪郭の中にカットした顔のパーツを目隠しをして置いていくと…福笑いを楽しむことができますね。

ダンボールを使って簡単な抜かしからの遊びを親子で楽しんでください。