ダンボールで滑り台作っちゃお♪

ダンボールでハンドメイドしたことがありますか。
意外とダンボールでハンドメイドをしたことがある人って多いです。
それはダンボールがとても扱いやすい素材で手に入りやすい素材だからでしょう。
ダンボールは使い方のコツを掴むことでいろいろなものを作れるようになります。

小さな子供がいらっしゃる家庭ではおもちゃがたくさんあると思いますが、小さな子供は家にジャングルジムが欲しかったり、すべり台をほしがったりしますよね。

すべり台はとても大きなものが多く部屋に置くのは大変ですし、処分のことを考えても粗大ゴミにもなるとちょっと…という場合はダンボールですべり台作りませんか。

ダンボールを強化するために強化ダンボールを使うかダンボールを数枚重ねて張り合わせて使うことでかなり強化ができます。
たとえば実際に滑る部分は何枚もの同じ大きさにカットしたダンボールを断面を表面として貼り合わせます。
わかりやすくいうとツルツルの表面ではなくナミナミの部分を上下にして貼り合わせるのです。これでかなり強度が強くなります。
そのままではガサガサですべることはできないのでその上にそのサイズにカットしたダンボールをツルツルの表面にして貼り付けます。
そうすることで子供が滑っても大丈夫な強度になり、すべることが可能になります。

ダンボールがたくさん必要になりますが出来たときの達成感はたまらないですよ。
使わなくなったらリサイクルに出せるもの大きいですね。