かわいいちょっとおしゃれなダンボールハウス

小さいお子様がいるご家庭にはきっとたくさんのおもちゃで溢れていることでしょう。
小さな子供たちはおもちゃが大好きですよね。
そんなおもちゃコレクションの中にダンボールで作ったおもちゃも増やしてみませんか。

小さな頃、ダンボールハウスを作って遊んだことがある人は多いと思いますが、子供の作るダンボールハウスはガムテープで貼る合わせるだけのものが多いですよね。

しかし、大人になってからダンボールハウスを作ると、もっと手の込んだものが作れます。
子供たちはみんな自分だけのスペースが確保できる小さなおうちが大好きなので、それをダンボールでしっかりと作ってみましょう。

ダンボールをカットしてそれぞれに布や厚紙などで色をつけます。
例えば壁の部分は白い布を貼ったり、自分のお気に入りの壁紙にみえるような布を貼ったりします。
入り口になる部分はドアにして切り込みをいれておいたり、くり抜いておくと良いでしょう。
くり抜いた場合はカラーのガムテープなどで断面がボソボソにならないように貼り付けると良いでしょう。もちろん家っぽくなるように考えて縁取りをする感覚でやるとうまくいきます。
ドアの場合も同様にガムテープで縁取りをして布などを貼り付けます。

屋根の部分は貼り付ける素材を変えることでより屋根っぽく見えるようになりますよ。
布の壁なら屋根はフェルト、壁が紙類なら屋根は布…などと変えてカラーも濃いものにすると良いですね。

ドアや入り口になる部分にもちょっと工夫をしましょう。
フェルトでカットしてアクセントをつけたりアップリケを貼り付けるもの良いですね。
レースやビーズなどもかわいいかもしれません。

本格的ダンボールハウスはとても子供たちが喜んでくれるはずで、インテリアをしてもおしゃれなものになりますよ。